イシー商店の肉の歴史は以外と浅く、
誕生してまだ1年もたっていない。しかし肉がなぜこんなに愛されるのか
現在残っている数少ない資料をもとに徹底検証してみる事にする。


N20120919肉

























イシー商店の誕生とともにわずか四畳半の研究室(現在のイシー研究所)で産声をあげた試作品第0号、
零号肉XX(ダブルエックス)チャップにラインはまだなくノーペッパー仕様なのだ
どんな味だったのだろう。

N2012919肉ミーコ1






























ミーコさん(現ネコ社長)できました。
カプっ

N20120919肉ミーコ2




































デニムの味。歯ごたえはいい感じ。というのが第一印象、現ネコ社長談



N20130303初号肉






































初号肉XXは今は貴重な赤1本ライン通称REDLINE(参考商品) ブラックペッパーver.はこの時から。
素材も8オンスのフロッキー加工デニム。主にbackpackの底部分に使われていた生地のあまりで作られていた為
数が圧倒的に少ないという。


N20130303肉2






































現在のトリコロールver.のチャップは当初フライドチキンver.にのみ採用されていた。
よくみるとチャップの色も初号肉のシルバーからシャンパンゴールドに変更されている事がわかる。
現在のモデル肆
号肉はとても柔らかい素材に変更されている。



N20130303肉1


























最近では街で見かける事も少なくないようだ。
もし見かけた時は気軽に声をかけて欲しい、とフック店長目撃情報も随時募集している。


N20130303肉3


























フライドチキンもこのモデルからトリコロールがフランスver.に加えイタリアver.が登場する。
中にはクリスマス限定ver.や鳴き笛ver.も存在したが詳細は不明
カバンに着けて
早く"2度見"されたいと新田さん。



N20130303肉4


























本物と見まごう出来映え、おいしそう』と声をかけられる事も少なくないとバロン加藤さん。
限定で作られた高級手羽サキLTDは超本皮革で作られている。


N20130207取材


























みん経された事もありました(フライデーされたみたいな感じで使ってみました)
記者のカジタさんもおいしそうなにうっとり。



次回予告 NIKU IN THE WOLD

ソウルの中心で나는 손에 들고 있는 병아리입니다.と叫ぶの巻
N20130228肉korea1


























나는 닭고기 삼계탕 먹고 싶


N20130228肉korea2

























 ついに海外へ